対人恐怖症 克服  対人恐怖症 治療法

対人恐怖症チェックと治療法について

対人恐怖症チェックと治療法について

対人恐怖症チェックをして、あなたの状態を把握しましょう。

対人恐怖症に該当する恐怖症は数種類あり、多くの人たちがその症状に悩んでいます。

ひとつ、対人恐怖症チェックをする前に重要なことをお伝えしておきます。

その重要なこととは・・・・『対人恐怖症は治すことができる』ということです。

これをしっかりと頭に叩き込んだうえで対人恐怖症チェックをしていただければ幸いです。

対人恐怖症チェックをしてみよう!

※このチェックは可能性があるというだけで、たくさんの項目に該当したからといって対人恐怖症だというわけではありません。症状の診断をしてもらう場合は、病院などの専門家に判断してもらうようにしてください。

①、人の視線が気になる
②、人がこちらを見て会話をしていると気になる
③、人前でスピーチなどもってのほかだ
④、1対1で話をする
⑤、友人・知人と食事に行く
⑥、仕事で電話にでる
⑦、少人数ででかける
⑧、スーパーやコンビニに買い物に行く
⑨、家族と会話をする
⑩、男性と会話をする
⑪、女性と会話をする
⑫、人前で字を書くと手が震える
⑬、公衆トイレで隣に人がいると排尿することができない
⑭、人と話していると不快に思われていないか気になる
⑮、エレベーターに乗ることができない
⑯、人前にでると大量の汗をかく

何個ぐらい該当しましたか?

たぶん、ほとんどの人が複数の項目に該当すると思います。
というのも、人と接していて緊張しないという人の方が少ないからです。
※1つも該当しないという人は、すぐにこのサイトを見るのをやめて別のことをして下さい。

中にはほとんどの項目に該当した、という方もいると思います。
だからと言って対人恐怖症であるというわけではないので考えすぎないでください。

むしろ、考えれば考えるほど対人恐怖症は症状が悪化する可能性があります。

対人恐怖症というのは、自分の心が作り出しているということを知っておいてください。
そして、今の考え方を少しプラス思考に変えるだけで改善することができるのです。

対人恐怖症になってしまう原因とは?

対人恐怖症になってしまう原因は、過去のトラウマや家庭環境によるものが多いと思われます。

最初は気になる程度のことでも、繰り返し考えることによって、苦手意識が強くなり
どんどん症状が悪化していく傾向になります。
その苦手意識に対する反応速度も速くなってしまいます。

厄介なのは、心では大丈夫と思っていても体が勝手に反応してしまうということです。

私も経験しているのでわかるのですが、「大丈夫、大丈夫」といくら考えたところで
どんどん緊張してしまい、どうしようもない状態になってしまうものです。

しかし、「対人恐怖症は改善することができないのか?」というとそうでもありません。

実際に私はある治療を試したところ、短期間で症状を改善することができました。
正直にいうと半信半疑で試したので効果があったことに驚きました。

⇒ 私が試した対人恐怖症の治療法についてはこちら<<


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional